借金返済

ナイショの借金返済は大変です

MENU

父の置き土産の借金返済

3年前に父が亡くなった際に大変だったのが、借金問題でした。額ではなく、どこでなぜ借りたのか、その理由が不可解だったのです。

 

就職したとき、今まで親にかけた苦労を考えて、実家住まいながら月に10万円から15万円を家に収めておりました。大学にも進学させてくれたのだからと私は当たり前のように収めておりましたが、母は内心複雑で、申し訳ない気持ちでいっぱいだったそうです。父が生きている頃から別居し、借金の詳細もわからなかったため、子供達の給料も頼りにせざるを得なかったとのことです。幸い子供は皆安定した職業に就いていたため趣味などにも投じる金銭にはさほど困らなかったものの、とても実家住まいとは思えぬ貯蓄の少なさで、クレジットカードの引き落とし直前には慌てて財布の中から口座に入金、といったことも決して少なくはありませんでした。

 

⇒自己破産のデメリット

 

父の死後、弁護士事務所にも相談しながら処理を進め、約1年かかって解決いたしました。ほっとしたと同時に、もう借金はこりごりです。金銭は、例え親しい間柄であっても貸し借りはいけないと強く思った次第です。借金して良いことは何1つないでしょう。堅実に、時々贅沢をしながら生きて行くのが丁度良いと常々感じます。