借金返済

ナイショの借金返済は大変です

MENU

阪神淡路大震災と借金と支援金と

阪神淡路大震災が起こる前、私大きな借金を抱えていました。そのころ、競馬をよくやっていて、手痛い目にあっていました。狙って大きな万馬券を取れていましたが、一度大きな収益をあげると、それから、それと同額以上の負けが込むことになります。

 

その当時はまだ結婚5〜6年目で、お金が無いのに50万近い借金に膨れがっていました。そんな時に大震災が起こります。住んでいたビルの柱に亀裂が走り、住居近辺は喧噪と混乱の渦の中に放り込まれました。

 

毎日の衣食住に不安があり、家具の一切は破損し情けない思いをしていました。ところが、住んでいた公団のビルが一部損壊から半壊に再認定されることが地震後2か月してありました。それによって、色々な義援金をもらえる事になりました。普通の市民は通常の義援金だけなのですが、私たちの職場にかかるフォローの支援金は結構な額がありました。

 

その額は癌保険でもらえる程の金額でした。私は、それらのお金で無事に借金を偏在することができました。

 

競馬は、勝てる時は面白い程勝てるのですが、一度調子を崩すと大変な事になります。大概、私の場合は返せる金額以上の借金はしないことにしています。

 

今、現在も貯金はあまり無いのですが、普通に働かなくてもやがて入るだろうと思われるお金に気がついています。たぶん、手に入る数か月前には散在していると思います。地震は予期していた訳ではありませんが。